環境への配慮

      パソコンリサイクル

リサイクル 2003年10月1日に改正施行された「資源の有効な利用の促進に関する法律」に基づき、ご家庭で不要になった工人舎製パソコンの回収及び再資源化に取り組んでおります。

対象製品にはJEITAが定める「PCリサイクルマーク」を貼付して出荷しております。 同マーク付き製品については、無償で回収・再資源化いたします。工人舎製のパソコンを廃棄される際は、一般社団法人パソコン3R推進協会ウェブ回収受付に て対応いたします。(申込フォームはこちら) PCリサイクルマークが貼付されていないパソコンの回収・再資源化料金は、お客様にご負担いただくことになります。
周辺機器は、弊社が行なう回収リサイクルの対象ではありません。
これらの回収に関しては、地元の自治体へご相談ください。

PCリサイクルの流れは以下の通りです。

①弊社ホームページより申込みフォームで必要事項を入力後“リサイクル申し込みページへ”をクリックをします。
②リサイクルセンターホームページにて必要事項を入力します。
③リサイクルセンターより”エコゆうパック伝票”が送付されます。
④回収品の梱包を行ってください。※1 ※2 ※3
※1 梱包は回収品が十分に納まる大きさのビニール袋または段ボール箱をご使用ください。
※2 回収品は1梱包に一台となりますので、複数の場合は台数分梱包が必要です。
⑤梱包後に”エコゆうパック伝票”を貼って郵便局にお持ちいただくか郵便局に回収の依頼を行ってください。
※3 パソコンの廃棄・譲渡時におけるハードディスク上のデータ消去に関するご注意
パソコンのハードディスクに記録されたデータは、そのデータを削除したり、ハードディスクを再フォーマットしても、データが消えたように見えるだけで、特 殊なソフトウェアを使えば読み取ることができます。前利用者のデータを再利用される可能性があり、結果的に、データが流出してしまうこととなります。パソ コンの廃棄あるいは譲渡時にはデータの完全消去を行う業者に依頼(有償)するか、もしくは、市販のソフトウェア(有償)を利用し消去するようにしてくださ い。
また、ハードディスク上のソフトウェアを削除することなくパソコンを譲渡されると、ソフトウェアライセンス使用許諾契約に抵触する場合があります。
この件に関して、JEITA(社団法人 電子情報技術産業協会)より以下のガイドラインが発表されております。
■関連リンク
・パソコンの廃棄・譲渡時におけるハードディスク上のデータ消去に関する留意事項(JEITA)
http://home.jeita.or.jp/page_file/20110511155520_8vAEy2Fi5d.pdf


 

PCリサイクルの申込みはこちら